久しぶりの旦那

今日は健が奈良にやってきた!

21日ぶりに会ったら、なんだかホッとした。そうそう、この顔でしたね、みたいな感じ笑。

久々に会うのに、今朝からきちんと化粧や髪形を整えればいいものを、

すっぴん眼鏡で、ちょっと申し訳ないかなと思った。

こういう細かいところだよね。。

 

離れている間、どう過ごしてたかとか色々話してたけど、

私は家でごろごろ、健は引っ越し準備を進めてくれてあっという間に時間がたっていた。

健の実家では、ご両親もご協力いただき、私や健の今の家の荷物を置けるように家のものを処分してくださったり、かなり時間と労力を割いてくださっているよう…

実家の両親もだけど、赤ちゃん誕生に向けて本当に多くの人が立場を取ってくれていると実感する毎日。

妊婦さんだから、ゆっくり休んでね、とかその言葉のひとつひとつにも支えられて今があるなと。本当にあたりまえのことって何一つない。

 

数日前から、私は父に本当にあきらめや怒りを表してしまっている。

家を片付けると言って片付けない、母が本当にすぐに私たちのために形にしてくれるのに、父はそれをやらずにはじめから諦めている(ようにみえる)。

それに耐えられなくて、本当に父が母といて、幸せなのか、とか考えてしまう。

父があっての、今なのは明確なんだけど。もちろん感謝もしているのだけど…

本当に大切なことを父とこれまで話してこなかったかもしれない。

父に言わせていないかもしれない。わかりつつも、何も話してくれないとイライラしてしまうし、本音を聞けないのがさみしい。

もっと待つ、空間が必要なのかな。

このひとつひとつの言動が、父を黙らせて本当のことを言わせなくしているのかな…わかっていながらも態度は意地悪になってしまっている自分にも気づいている。

人は誰しも、人にやさしくありたい。

どんな時でもやさしくありたい。

父がやると言ってやっていないことから、どうしても降りれないし理解できないと感じる時がある。

前までは、それがただ悪いこととして、母と円満じゃないのが悪いこととして起こしていたけど、今はもっと冷静にみて、何が源か、本当に父が生きたい人生はどんな人生なのか、何が壁になっているのか、ただ知りたいし、そこに貢献したい。

私もすぐに乗っかるのではなくて、ゆるぎない立場が必要だな。

 

今日は久しぶりの健と、結婚式前日の一平とめいちゃんと、みんなで過ごせた時間が本当に幸せだった。一緒に食べたさんまの味が本当に美味しかった。

そして、両親と健と一緒に空気ケーキでお茶した時間もとても幸せだった。

いつになっても、こういう団らんの時間を大切にしたい。

ここにはお金も時間も本当にかけたい。

私も自分の子供が幸せな結婚をして、それを健と見守りもてなす家族にしたい。

 

家族っていいな。

明日は一平とめいちゃんの新しい家族の始まり。本当に楽しみ!

 

 

たとえつらい時も信じていれば夢はかなうはず

今日はなぜかYOUTUBEでたまたま上がっていたシンデレラを見ていて、

タイトルの歌詞が歌われている。

 

ほんとに、その通りなんだろうな~

信じている、って簡単そうで簡単でない。

 

妊婦は夜更かしだめなのに、ついしてしまった。

今日はなぜか、お腹すいても食べたあとも、胃が本当に気持ち悪い一日だった。

あとお腹がこんなに張ってばかりの一日も初めてかも。

今日生まれるのか??と思った。陣痛はまだ。

張り止め飲んでないと物理的につらさはあるね。

葉ちゃんもそろそろ生まれたいのかな。

 

今日は一平とめいちゃんが、明後日の結婚式に向けて帰ってきた!

一緒にスタバでお茶したよ。ゆったりした時間、楽しかった^^

いよいよ一平も結婚。

結婚したい人に兄弟みんなが出会えるって、あたりまえのことではないよな~

幸せなことです。

 

今日は寝てばかりだったけど、今は体を休めるのが一番。

昨日さぼってしまったブログも再開して、これでよしとしよう。

 

明日は動くぞー!

明日久々に健に会える^^

室町時代に女性がお金の運用

今日は、ガラっと変わる話題ですが、

毎週見ようと心がけているNHKの「歴史秘話ヒストリア」から。

 

今日は応仁の乱が舞台。

応仁の乱とは…

応仁の乱(おうにんのらん)は、室町時代の応仁元年(1467年)に発生し、文明9年(1478年)までの約11年間にわたって継続した内乱。 室町幕府管領家の畠山氏、斯波氏の家督争いから、細川勝元山名宗全の勢力争いに発展し、室町幕府8代将軍足利義政の継嗣争いも加わって、ほぼ全国に争いが拡大した。

応仁の乱 - Wikipedia

 

この戦の元凶とされていたのが、日本三大悪女とされていた日野富子

8代将軍足利義政の妻。そう言われていたが、最新の研究で応仁の乱を起こしたのではなく、収束しようと努めた人物として、今日は描かれていた。

その収束のひとつとして、当時相続の対象外とされていた女性である富子が、地方の大名にお金を貸して利益を得て、活用していたとのこと。

女性は当時、お金がないイメージが強かったけれど、富子のようにお金を運用して財を得ていた人もいると聞いてびっくり。

さらにそのお金を使って、応仁の乱終結させた。

 

応仁の乱の途中で、混乱した世の中で将軍を退いた夫、自分の願いに沿って将軍になった息子には大病で先立たれ、自分の意と反してさらに戦を起こした自分の妹の息子(11代将軍の義植)…それをも戦を収めようと尽力したというから、本当にどんなことが起こっても、この時代をあきらめに与えずパワフルに生き抜いた女性だったんだなと思った。

歴史上に残るのは、男性の名前ばかりかと思いきや、詳しく知ると女性も活躍していたんだなということが分かる。表面を見ると男性ばかりの名前が目立つのに、よく知ると実は女性が動かしていた側面もある…これは面白い!

 

それにしても、「応仁記」に日野富子が悪女して描かれている原因。びっくり…

めっちゃ男の事情で書き換えられてるやんって思った。

歴史、知ると面白い。

 

いつ生まれてもおかしくないです。

検診で先生に言われた。

私くらいの身長155cmの人は、2000g台後半で産む方が楽だそう。

今日は赤ちゃんの体重、2660gあった。

予定日まで待つと3200gとかになりそうだから、今月中とかで産んだ方がいいと言われ、急に実感と焦りが…!今のまま赤ちゃんを迎え入れられるだろうか?と考えると、準備がまだ足りない。

心の準備と、環境の準備。スペースづくりをして、服を水通しして、できる限りの準備をしておこう。もっと早くからできたことでは…?という会話が頭の中で止まらないのですが、とにかく行動。一瞬一瞬を大切にする。

明日は、元同期のめぐちゃんとランチしようかと思っていたけど、今日テレビ電話して、キャンセルした。残念だったけど、体調のこと考慮してくれて、今は赤ちゃんと自分の体、そして準備を優先しよう、と選択できた!めぐちゃんの気前の良さに感謝!!

 

今日、助産師外来で学んだ体操を書き残しておく。

1.寝る時の一工夫

タオルを半分に折って、それを三つ折りにしたくらいの高さで、横を向いて寝る時の下にくる腰の下に挟むと体が楽。そこに抱き枕をして、抱き枕は足で挟む。

寝返りを打ったら、逆側を同様に。

 

2.ゆがみを取る体操、呼吸法

赤ちゃんが若干右側に寄っていると言われた。赤ちゃんが骨盤を通って出てきやすくするためにはゆがみを取っておくことが大切。そのために効果的な体操を教えてもらった。

仰向けに寝て、ひざを立てる。腰のところに、1とおなじくタオルを半分に折って、三つ折りにしたものを2つ段積みして挟む。そうすると、腰が詰まっているのが解消されて余裕が生まれる。(高すぎたらタオル1つでもOK)

息を吸って、胸とお腹に空気を入れる(私はお腹にはしっかり入っているけど、胸にも入れるよう意識する)。3秒で入れきったら、ゆっくり吐ききる。その時に、右足を地面に対してアクセルを踏むように意識する。最後まで吐いたら、また3秒で息を吸う。吸いきったら、今度は左足をアクセルを踏むように意識して、息を吐き切る。

これを繰り返す。もしどちらかがつらい時や、偏っているなという時は、その都度割合を変える。例えば右:左=30回:10回など。

 

3.ねこのポーズ

四つん這いになる。手のひらは肩のすぐ下につく。膝は90度にして曲げる。3秒で吸って吐くときは背中を丸めて、おへそを見る。吐ききったら力を抜いて、息を3秒で吸う。今度は上を向いて吐き切る。これを2-3分繰り返す。

 

4.うつぶせポーズの体操

うつぶせでお尻を突き出した状態で、両肘をつく。顔はまず右を向いて、右腕を伸ばす。その手を前へ突き出す。それを左も行う。2-3分。

 

5.足のむくみとり

内くるぶしから指4本分のところを押す。そしてはなす。押す。を繰り返す。

ふくらはぎなど、脚全体はリンパの方向に軽く流すだけでOK

力は入れない。夜寝る時はメディキュットで捕捉。

 

以上。

今日から毎日やる!

私のバースプラン

というものが、産院からプリントで配られた。

明日が、奈良に帰ってきて2回目の検診。

36週を迎えて、そろそろ生まれてもいい時期に突入。

赤ちゃんは何キロに育っているか楽しみ^^

…それとともに、増え続けている体重については少し憂鬱…むくみもひどいし、こりゃ注意受けそうだ。

 

バースプランを書く意図としては、お産をする私と病院側が、より深い信頼関係のもとにその日を迎えるために考えを聞かせて、というものだそう。

こういうのがあるのか~と思い、書いてみると、改めて自分自身が出産についてどんなことを考えているかが明確になった。

書いてみて、率直に感想としては、「私、大丈夫か?」という不安。

なんだか、もっと深く健とも話したり、出産や母親になることについて勉強できたのでは…?と不安になった。

まあ、不安になるのが、私の常だから、それはそれとしてバースプランは今の素の気持ちなので、書き残しておこうと思った。

 

私のバースプラン

 

お産をされるあなたと、私たち医療者がより深い信頼関係のもとにその日を迎えるために、あなたのお考えを率直にお聞かせください。余白が不足の場合は、用紙の裏をお使いください。

 

1)            ご自分が母親になることや、出産についてどんな印象をお持ちですか?今までお聞きになったこと、またはご自身の経験をもとにお聞かせください。

→新たな責任が生まれるイメージ。子供に、親にさせていただいているんだな、と感じている。出産は楽しみな反面、不安も大きい。とにかく痛みに耐えられるか、気を保てるか、周りの期待に応えられるか、赤ちゃんが無事に生まれてきてくれるか、といった不安がある。

それと同時に、新たに家族が増えるということが本当に楽しみで、夫と一緒に新たなステージに挑戦していけることも楽しみで、母親になれることに感謝がある。

 

2)            どんなお産がしたいとお考えですか?また何かご要望がありますか?

→家族や夫に励ましてもらいながらお産をしたい。陣痛の間は、リラックスできるように音楽を聴いたりしたい。生まれる瞬間は、夫に手を握って励ましてもらいたい。出産の瞬間をカメラに収めたい。

 

3)            今回の出産についてご主人とはどのようなお話しをしていらっしゃいますか?

→とにかく家族が増えることに非常に楽しみがある。夫は栃木の職場から、陣痛が始まったら奈良へ向かうので、間に合うか多少不安もあるが、前々から職場にもその旨を伝え準備してくれているので安心。ママパパ教室にも2人で参加したが、お産についての教室は私のみの参加で、陣痛がひどくなったら腰をさすってほしい、と伝え一度だけ練習もした。

 

4)            育児の方針についてどのようにお考えですか?(母乳栄養、人工栄養のこと等々)

→母乳で育てたいと考えている。ただ、今後仕事に復帰したりすることを考えると、ミルクと併用して夫も対応してくれるようにお願いをできればと思っている。

 

5)            退院後はどちらに戻られますか?

→②実家

 

6)            退院後のお手伝いの主力はどなたですか?

→②両親 1か月後くらいを目処に、①夫

健康が何よりもの基盤

そう感じた1日。

 

今朝は、昨日の不眠がひどくて起きるのがかなり辛かった。

夜中は1時間ごとに目が覚め、朝になると眠くなる。

この睡眠サイクル、先月からずっと…

夜中にはまだ眠くならないんよなぁ。。

 

よりによって、今日はお母さんのピアノの生徒さんの発表会!

前々から一生懸命準備してるお母さんを見ていたから、足を引っ張りたくない、という思いと、

今体を無理させてはいけないという葛藤で

本当に会場まで行くかどうしようかと一瞬悩んだ。

なんとか体を起こして会場へ。

でも、行くと決めたからには、とにかく自分は無理せずに体を管理しながらやれることをやってお母さんを応援する!と決めた!

そしたら、少しずつ元気が出てきた!!

 

お母さんは62歳にして、未だに生徒さんが途絶えない。これは、本当にすごいと思う。

今日も46人の生徒さんが発表会に臨んでいて、2年に一度のこのステージ、お母さんにとって本当に思い入れがある時間だろうなぁと感じていた。

今日はりゅうしんも初めての発表会!

歌を歌ったけど、すごく頑張ってて感動した!

やっぱり人前で何かを自己表現する力は、自分の子供にも身につけさせたい!

伸び伸び、演奏する子供たちを見て、

本当に素敵だなぁと思って聞いていた。

 

ピアノが好き、音楽が好き

って、伝わるもんだなぁと。

 

発表会は無事終わり、帰り際おばあちゃんがめまいで相当辛くなってしまった。

救急病院へ行き、血圧の高さが原因と判明。

目の前でぐったりするおばあちゃんを見て、そんな中でひ孫を応援し、孫、子供を力づけにきてくれたことに本当に感謝があったし、

そして何より心配。。

健康であることが、本当に全ての基盤なんだなと思った。

 

普段当たり前のように健康に過ごしているけれど、病気ではなくても、妊娠した体になって気付くこともいっぱいある。

ムリは禁物。って、言葉の意味すら分かっているようでいて本当にわかっていない。

 

身体を休めること、整えること。

これはなによりも優先すべきことだと感じた一日。

 

おばあちゃんの家まで急遽家族で送ってきた。

明日は少しでもよくなっていたらいいな。

 

体重管理

今日体重計ったら・・・昨日見た数値のプラス2キロ!?そんなまさか…

 

昔から、ダイエット勝負したり、増えてるな~と思ったら意識して減らしたりしてたけど、妊娠したらぐんぐん増えてびっくり。

まあこれも初体験ということで…

…いや、甘んじず、出産のときの辛さを考えても、これは調整だね。

 

今日の昼はケンタッキー、夜はチキンカツとカロリーお高め。

しかもエクレアとシュークリームをお土産に買ってしまうという緩さ。

さすがに、明日の朝にいただくことにしました。

 

今日はお姉ちゃんに勧めてもらって、カシウェアに行って可愛い可愛いユニコーンの人形つきブランケットを購入!直営店は、六本木と銀座と御堂筋にしかないというレアなお店!

少しずつ、赤ちゃんが気に入ってくれるかな~ってものをそろえるのは楽しい^^

 

出産の不安は、日々消えませんが、ちょっとずつ準備していこう!という気持ち^^

 

明日はお母さんの生徒さんの発表会!

みんなで協力して成功させるぞー!!

私は体力もってくれるように祈るのみ!